暇つぶし時間にスマホ1つでキャリアトランジションの第一歩

新しい仕事を始めたい!
今までと違うキャリアに挑戦したい!

こちらのページを見ていただいている方は、そのように思っているのではないでしょうか。

でも年齢が。。

そう思っている方も多いと思います。

以前の私もそうでした。

私の場合は30歳から未経験の仕事になにか挑戦したい。と漠然と思いながら

「20代でもないのに遅い」「失敗したくない」

そんな気持ちが強くて動けずにいました。

まずは何でもいいから動いてみるのも大事

次のキャリアのために何をすればよいかわからない。考えれば考えるほど可能性が広がってワクワクはしますが、だからといって何から手を付ければよいかわからない。

そんな状態で動けなかった私でしたが、このような時だからこそ今しかできないことをしようと、なんでもよいので動いたことで、私を動けなくしていた「思考ブロック」が外れるキッカケがありました。

それは、カナダでの単身渡航(約1年)を終え、オーストラリアでの1年間の滞在を始めるためにユースホステルにいた私が、台湾人のピーヨンさんと出会った時のことでした。

ピーヨンさんは在米台湾人で既に定年を迎えていました。現役時代に貯めたお金で世界一周テント泊旅行を終えて米国に帰る前にシドニーを観光するために私と同じユースホステルに滞在されていました。

食堂で私に話しかけてくれたピーヨンさんは、何気ない雑談から私が今後のキャリアについて悩んでいることを知り、ご自身の経験をもとに「新しいキャリアに挑戦するには何歳からでも遅くないよ。」と教えてくれました。

彼女は35歳のときに子供が居る中、経理の資格をとってキャリアチェンジをし、手に職を得たことで安定して稼ぐことが出来たそうです。あのときにキャリアチェンジをしたお陰で、今こうして世界一周旅行を楽しめるのだとも言っていました。

このことがキッカケで私の中で「30歳を過ぎたら厳しい。」という思考のブロックが徐々に外れていき、遠回りをしながらもキャリアトランジションに成功しました。

キャリアトランジションは何歳からでも出来る

30代ならそりゃ大丈夫よ。私はもっと年上だし。。

そう思いましたか?

キャリアトランジションは何歳からでもできます。
嘘だと思うのであれば、今日から自分と同年代や年上でそういった方がいないか気にしてみてください。

たった今、その情報にアンテナが立った事で、これからそのような情報に自然と気づけるようになりました。今日から、自分よりも年上の方が新たなキャリアに挑戦して成功している姿が目にとまるようになりますよ。
身近な人だけでなく、テレビ・ニュース・ブログ・本・人伝いに聞く遠い人の話などから情報が入ってきます。

そうした情報を得ることで、キャリアトランジションは何歳からでも出来ることが実感できるので楽しみにしていてください。

ただし、希望する雇用形態によってはリミットがあります。具体的に何歳まで?に対する答えは雇用形態ごとに変わってきます。今後活動をする中でそういったところも見えてきますが、今すぐ知りたい。という方はこちらに書きますので、よかったら見てみてください。

そちらでは、私の情報アンテナで収集できた、私の周りのキャリアトランジションに成功した方々の例も掲載しています。

とにかく、第一歩を踏み出してみるべし

何歳からでも可能なキャリアトランジションですが、思い立ったらすぐに準備を始めて、その準備には時間をかけてほしいのです。

その準備のために、とにかく第一歩を踏み出してほしい。その理由は、動くことで初めて見えてくることが沢山あるからです。

例えば、次はどんな仕事でキャリアを積むべきか。について、今は答えが出ていない方が殆どだと思います。

だからといって、どうしよう。どうしよう。と頭の中で考えているだけでは、必要な材料が何なのかさえ気づくことが出来ません。
人は自分の経験以上の想像をなかなか出来ないからです。

私がオーストラリアに行ったことは遠回りでもはじめの一歩でした。あの一歩を踏み出したからピーヨンさんに出会い、見えてきたことがありました。

それは、「経理職は何歳でもキャリアトランジションが可能な職業の1つである」ということでした。

また、「私には経理は無理。なぜなら、今までの職歴の中で数字を扱う仕事が精神的に苦痛だったから。」ということにも気づけました。

さらに「経理のように、どの会社にもある職業だったら、会社員として長く働くことができそう」とも思いました。

こうして、オーストラリアに行くというキャリアとは全く関係ない第一歩でも踏み出したお陰で、ブロックが外れるだけでなく、思いつく可能性の職業を「少し」絞ることが出来たのです。この「少し」の積み重ねでコレだ!と思うキャリアを見つける事ができるのです。

とはいえ、遠回りしている時間はない

準備期間に時間をかけてほしい。どんな第一歩でも良い。のですが、もしあなたが30歳以上でしたら私のような遠回りはしてほしくありません。

なぜなら遠回りした私だから言えますが、キャリアトランジションは年齢を重ねるほど遠回りをすると結構しんどいからです。私がどれだけしんどかったかは、こちらに纏めていますが、あんな大変な思いはしてほしくありません。

また、挑戦するなら早ければ早いだけ沢山PDCAサイクルを回せるので、成功するまでのスピードを早めることができます。

遠回りをしないために、確実に実になる準備を今すぐ始めてみてください。

遠回りをしない方法はコレ!スマホ1つでスキマ時間に!

遠回りをしないために、確実に実になる準備って何?と思いましたか?

そんなあなたのために、私自身の3つの経験(自分の遠回りと人事経験・外資系経験)から、誰でも今すぐ始められる簡単な第一歩の方法を見出しました!

それは、スキマ時間にスマホ一つで出来る簡単なことです。

いま、スキマ時間に何をしていますか?
スマホを使ってる方が殆ですよね。
スマホで何を見てます?

漫画?SNS?ゲーム?

ぜひ、そのスキマ時間にスマホで見るものを「求人票」に変えてみてください。
まずは、眺める程度で構いません。

そして、次の段階で戦略的に「求人票」を使うように進化していきましょう。

そうすることで、自分が必要とされる仕事や環境・自分の理想の働く環境・自分の得意なこと・自分の苦手なこと・自分が出来る仕事・自分が活かせるスキル・自分の行動特性などが見えてきます。

そうなった時、次の自分が進むべき道が見えてきます。

先程、人は自分の経験以上の想像をしにくいと書きました。だからといって経験をする時間はありません。

ぜひ、まずはスマホでスキマ時間に求人票をガン見することから始めてみてください。

今日からやってみよう!

求人票のガン見ですが、眺めているだけで終わらせないでくださいね。それは第一歩目です。

戦略的に求人票を見て、次に自分が進むべき道を見つけるところまで活用してください。

その際は、求人票のガン見から見えてきたことを、自分の進むべき道を見出すために纏めていくことが重要です。そして、スマホで得られる求人票だけでは物足りなくなったら、長期の転職活動を始めてください。

よし、まずは最初の第一歩を一人でやってみよう!と思われた方、よかったらやってみた感想などお寄せいただけたら嬉しいです。

戦略的な◯◯の活用方法を知りたいという方へ

一人だと遠回りをしてしまいそう。。というあなたや

戦略的に求人票を使う方法を今すぐ知りたいというあなたのためにはコチラをご用意しました。(用意でき次第リンクを貼りますね。ご希望の声など事前にお寄せいただけたらがんばれます!)

この記事の内容を手取り足取りお知らせする内容です。

戦略的に求人票を見る方法が知りたい!

自分の進むべき道を整理する方法も教えてほしい!

というかたのために作りました。よかったら見てみてください。

サポートを受けながら仲間と一緒に最短距離を進みたい。という方向けには専用コミュニティがあります。ご興味のある方はお声がけください。

第一歩をすっ飛ばして本格的にキャリアトランジションの模索をしたい方へ

オススメは長期の転職活動を通してキャリアトランジションの道を探る方法です。

コチラの「長短転活!」動画セミナーでその方法をお知らせしていますので活用ください。

 

この記事がどなたかの第一歩につながったら嬉しいです。

 

タイトルとURLをコピーしました